海岸林再生へ向けた

「森づくり」作業体験

私たちの手で亘理に新しい森を。

海岸林再生に向けた作業を体験。

震災前、亘理には約120haにも及ぶクロマツの海岸林がありました。古くから地域住民の暮らしや農業を支えてきた、豊かな森を再生したい。そんな想いで活動を続ける「わたりグリーンベルトプロジェクト」で、樹木管理のお手伝いをするプログラムです。


「わたりグリーンベルトプロジェクト」は、ボランティアの人々とともに42,000本以上の植樹を行ってきました。震災から10年が経とうとしている現在、このプロジェクトは海岸林を「植える」段階から「育てる」段階に移行しています。このプログラムでは、海岸近くの盛土地で、過去に植えた木々のメンテナンスや植え替え、草刈りなどをお手伝いします。

今、新しい海岸林で育てている木は、クロマツを中心とした針葉樹のほか、コナラやヤブツバキなどさまざま。将来的には遊歩道やベンチなども整備し、人々が集い、語り合える場にすることを目指しています。

亘理の人々は、かつて海岸林からキノコや松ぼっくりを収穫し、森に出かけることを暮らしの一部としてきました。津波によって失われてしまったこの森を、100年後の子孫に自慢できる「おらほの森」として再生させる取り組みに、あなたも参加してみませんか?

※天候によっては、ビニールハウス内で苗木の管理作業をしていただく場合もあります。

地域のボランティアと一緒に行った植樹体験の様子。団体でお申し込みいただいた場合、オプションで写真のようなプレートを設置することも可能です。

里親となってクロマツの苗木を自宅で育て、ある程度育ったところで海岸林に植樹するプランも。
個人のお名前を名札に記します。

今はまだ頼りなく見えるこの木々も、少しずつではありますが、確実に成長しています。自分が世話した森が少しずつたくましくなっていく様子を見るのも楽しみのひとつです。

この体験で学べること


  • 海岸林の成り立ちと人々の暮らし
  • 新しい森をつくるための植樹や管理の手法
  • 復興に取り組む団体の現状

こんな方におすすめ


  • 海岸林と自然環境に興味がある方
  • 子どもに自然体験をさせたい方
  • ボランティア活動に挑戦してみたい方

体験プログラムの詳細


提供者 特定非営利活動法人わたりグリーンベルトプロジェクト
プラン説明 わたりグリーンベルトプロジェクトが管理する海岸林(新規盛土地)にて、過去に植栽した木々のメンテナンスや植替え、植樹地の下草刈り等をお手伝いいただきます。天候によっては、ビニールハウス内で苗木の管理作業をしていただく可能性もございます。
参加条件 6歳以上
持参するもの 長袖・長ズボン(服装)、タオル、帽子
料金 5,000円 (税別)/1名
料金に
含まれるもの
作業体験費、苗木代、用具貸出し、水分補給用の飲料
集合場所 わたりグリーンベルトプロジェクト事務所(亘理町吉田字原306-16)
所要時間 1.5時間程度
スケジュール 1、活動紹介
2、森づくり作業体験
3、防潮堤見学
ご予約に関して

ご予約はメールにてお申し込みください。宛先は info@watari-grb.org です。
もしくは下の送信フォームよりお申し込みください。
(メールもしくはお電話による予約確定の返信連絡が、お申し込みの方のご連絡先へ届いた段階で予約完了となります。)
返信のご連絡は営業日に行います。祝日や休日にお申し込みされた場合は、少々お時間をいただきます。ご了承くださいますようお願いします。

ご予約可能な
日程について

ご予約可能な日程は、ご予約日から換算して5営業日以上先の日程のみとなります。
※祝日や休日を除いた日が営業日となります。

キャンセル
ポリシー
5日~3日前:20%
2日前:50%
当日:100%
海外からの
お客様対応
通訳の方が同行される場合は対応可能です
関連サイト 公式サイト http://www.watari-grb.org/
Facebookページ https://www.facebook.com/watari.grb/
Twitter https://twitter.com/info_gbp/
I
nstagram https://www.instagram.com/watarigbp/

体験プログラムのお申し込みフォーム


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


関連する体験プログラム


落花生収穫体験
(実施期間は9月〜10月のみ)

海岸林再生のプロジェクトを継続するためには、安定した収入源が必要です。団体自活の足掛かりとして期待されているのが「落花生」。このプログラムでは、新しい名産品として期待される落花生の収穫体験に挑戦できます。